2011年
1月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

1月TOP

<<< 戻る

日々いろいろ

進む >>>

1月 14日(金)

 豪快!王滝村の清滝・新滝の氷瀑


★金曜日は湯の丸スキー場シニア料金1000円の日、群馬の友人と行ってきました。
 無風、快晴!、キュウキュウ鳴る雪質!、最高のコンディションの中でスキーを楽しみました。
・・・こんな日のスキーが料金1000円では申し訳ないと感謝の気持ち一杯ですと係員に言いながら普通の日の2500円は高い、安くして欲しいと一言余分な事を・・・。(笑)
 スキーの後は、布引温泉「あぐりの湯」で疲れを癒して最高の一日でした。(喜)


★昨日(13日)行った木曽谷の氷柱・氷瀑めぐりの続きです。
 1時15分に「白川氷柱群」を発って、20Kmほど離れた隣村の王滝村の清滝の駐車場に1時55分に到着、雪のある遊歩道を5分ほど登ると清滝が見えてきた。
・・・御岳湖畔の王滝地区から田ノ原天然公園へと登る、林道黒石線の御岳山3合目近くにある滝です。

★御岳講の行者が、禊(みそぎ)を行なう場所なので滝の手前には、清滝不動尊というのぼりが何本も立っていて、にぎやかな雰囲気だった。
 高さ30mの滝の前に橋があって、正面から滝を眺められるようになっている。滝の6割程度の氷瀑が出来ていました。


雪のある遊歩道を5分ほど登ると清滝が見えてきた


滝の高さ 30m、氷の山は高さの半分ぐらい、その後の氷柱は7割ぐらい伸びていました


雪のある遊歩道(参道)


滝の下に清滝不動尊の祠がある


水量は多くないが滝の水が落ちていました


落ちた水が凍って青く光っていた

★まだ一月の中旬、2月に入ればもっと高く氷瀑が出来る事でしょう。
 清滝から新滝へ行く道に人の足跡があったが獣道の様で雪が深いので駐車場まで戻って車で新滝の参道入口に行く。
・・・ここには、駐車場が無いので広いところに路駐して参道を登っていきました。


新滝参道を5分ほど登る


檜の林の間から新滝

★こちらも高さ30m!、大きな滝で滝の裏側を通れるので裏見の滝です。
 こちらも半分ぐらいの高さに氷瀑が出来ていました。
 凄い迫力です。
 滝の裏に回って覗いていたら突然、岩に付いていた氷柱が崩れ落ちてものすごい音、滝の下は危険です。
・・・昼間は気温が上がって緩んでいました。


裏見の滝、滝の裏に入れるが危険


水量は多くなく、岩についた氷柱が突然落ちてくる

★清滝、新滝共に素晴らしい氷瀑でした。
 時期的にまだ早いのでもっと成長する事でしょう。 もう一度、訪れたい。 
・・・氷瀑もよいが夏の滝姿も見たいですね。 滝に打たれて禊(みそぎ)でも?。

★氷瀑を満喫し、2時40分に新滝を出発、黒耀水210リッター積んだ重身のドライブで小諸に6時到着でした。
 主たる目的は、黒耀水ですがそのことを忘れて木曽谷氷柱・氷瀑めぐりを堪能しました。
・・・今年は、冬型の気候が長引きそうです。 他の地の氷柱・氷瀑めぐりも狙いたいと思います。

★過去の氷柱・氷瀑めぐりの記事:2008年にいろいろ見て回りました。
2008/1/28(湯川渓谷氷柱群)  2008/2/15(大禅の滝の大氷柱)  2008/2/18(菱野温泉郷不動の滝)   2008/2/20(横谷渓谷氷瀑)  2008/3/3(大町の八坂大滝の氷柱)

<<< 戻る

日々いろいろ 1-6

進む >>>