2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月24日(金) マクロ撮影を楽しむ 日々いろいろ


★「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものです、昨日(23日)からは、前日までの猛暑から一転し、涼しい(寒い)日が今日も続きました。
・・・あの猛暑はどこに行った?、一気に10度近く気温が下がれば遠い昔の様な変な気分です。

★雨上がりの朝、新しいカメラ片手に庭で接写を楽しんだあとは涼しいので松の剪定に着手です。
・・・これだけ涼しくなれば延び延びになっていた選定作業をやろうという気になりますね。
 手を付けたらあとは一気とはいきませんが習慣付いて終るのは時間の問題ですね。

★赤松の剪定
 
不要な小枝を落としてからこんもりと茂った松葉のを一つ一つ剥いて行きます。
 これをやらないと雪が積もった時に枝が折れてしまいます。
・・・意外と時間がかかります。
 小雨が降り出したので今日は午前中で止めました。(初日はこんなもの)

★上2段は三脚であとは脚立で作業、下に行くほどボリュームがあって大変です。
・・・完了したら載せます。どうなるでしょう。


★今日は、先日購入した新しいコンパクトデジカメでいろいろ接写(マクロ撮影)をして楽しみました。
・・・新しいものを使いたがるのは子供みたいです。(笑)

★普通のカメラはマクロ撮影の焦点距離は3センチが限界ですがリコーのカメラとソニーのサイバーショットが1センチで超マクロ撮影が出来るのが特徴です。
・・・今回は、口コミと価格でリコーのCX3を選んだのです。
 それでも、価格COMでは売れ筋2位、注目2位、満足度3位の 2.1万円のコンデジです。

★一眼レフで接写の出来る広角レンズを使えばもっと素晴らしい写真が取れると思うのですが価格と交換のめんどくささからアマチェアには「リコーのCX3」が最適だと思っています。
・・・光学望遠11倍、接写との切り替えが簡単で遠くも近くも自由自在の操作性に大満足です。

★良く見かける毛虫です。
肉眼で見ているときには細い毛に気付かず、毛の無い派手な毛虫と思っていたらやっぱり毛虫でした。
 これが接写の魅力なのです。

 


★ヨルガオの葉を食べている10センチ近い体長のカラスアゲハの幼虫です。
・・・只今、蝶になるまで追跡観察中。

★高いところにいるので望遠撮影(上)とテレマクロ撮影で撮って見ました。
・・・近づけなくてもこれだけ撮れます。



モズの高鳴きのシーズン 高いアンテナに止まっていたのを望遠で撮影
これだけ写れば望遠カメラ不要です



接写で撮った花を見たら蚊がいたのを後で発見 肉眼で気付かないものが写っています


★展覧会に出すような芸術的な写真には興味は無く、ドキュメント写真が狙いです。
 とても、三脚抱えてシャッターチャンス待つ気持ちになれません。
・・・見た瞬間、すぐ撮れる。 モード切替の簡単なコンパクトデジカメが良いのです。
 今日も操作性確認でいろいろ撮ってみたのです。 やり易くて満足しました。

★今日の試し撮り撮影で一番気に入ったのはテレマクロ(望遠+マクロ)撮影です。
 被写体によっては近づけないがアップで撮りたい時に効果を発揮します。
 そして、出来上がりが背景がぼけて一眼レフの望遠で撮ったようになるのが楽しい。
・・・花や虫の撮影で多用しそうですね。 しばらく、これ一台で済ませようと思っています。