2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月20日(月) 新カメラと食用ホオズキ観察 庭花だより


★石庭裏の山野草花壇作り前段の遊歩道作りで一日が終りました。
・・・涼しくなって作業はやり易い、でも、思ったほどはかどらない。 意外と手が掛かるのです。

★作業の合い間に昨日購入したカメラの性能チェックで庭花撮りまくりました。
 接写撮影に使っていた5年前のサイバーショットが誤動作と液晶モニターにノイズが入ったので代替に1センチ接写の出来るリコーのCX3を購入して比較です。
・・・画質結果はやや劣って90点、2万円のコンパクトデジカメなのでこんなもの?。
 でも、モニターが綺麗で操作性が良いので満足です。

★接写撮影目的で買ったコンデジですが光学ズーム12倍なので4年前の愛用の一眼レフ風のLUMIX(DMC-FZ30)と比較してみました。
・・・画質結果は80点。 LUMIXのライカのレンズには敵わないですね。
 でも、接写と望遠の両方が出来るので「CX3」の1台で済み、愛用カメラになりそうです。
 安物買いの銭失い?、写真趣味でも窮々自適、高級カメラの世界はもう無理ですね。(涙)


LUMIXズームアップ画像


CX3ズームアップ画像

今日から新カメラ「リコーCX3」で撮った写真でブログになります。


1センチに満たない小さなシジミ蝶をCX3の望遠マクロで撮影
28センチの距離から望遠撮影できるので小さなものを撮るのに非常に楽です

【食用ホオズキ(酸漿)】
★テスト撮影で撮っているときにホオズキ(酸漿)を見つけました。
 赤い実のホオズキは、夏の風物詩ですがこれは食用ホオズキで黄色の実で赤くなりません。
・・・花ではないので今まで気付かなかった。


★食用ホオズキは別名、見た目と風味から「ストロベリートマト」と言われています。
 「食感はプチトマトに似ています。味わいはトマトやブドウに似たフレッシュな酸味の後に、マンゴーやパイナップルに似ているトロピカルな甘さを感じます。」と説明されてました。


食用ホオズキ:門扉に引っ掛けてありました 葉っぱしか見えない

普通のホオズキは白い花ですが色も形も違います。
・・・2度目の栽培です。

★「花よりだんご」ですね。 熟した実を食べてみたい。

オオセンナリ(大千成)
★食用ホオズキと間違えて育てていたオオセンナリ(大千成)はまだ花も咲き実も付いています。
・・・前より花が小さくなりました。
 こちらは、有毒植物なので食べられませんが切り花やドライフラワーなどに用いられます。

前の記事:2010/6/28


★新しいカメラいじりたいので接写撮影の「庭花だより」が続くと思います。