2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月19日(日) 猛暑にやられた山野草 庭花だより


石庭裏に植えたシュウカイドウ(秋海棠)が木漏れ日を受け、見頃です

★秋ですね、庭仕事は、長袖姿で石庭裏の山野草花壇作りに取り組んでいます。
 ・・・庭木と芝生の管理から今年は園芸主体の庭仕事にウェイトが変わりました。
 窮々自適生活らいいですがやることが増えて時間が足らない!。
 でも、退屈しないだけ良いのかな?。

★昨年から山野草を育てる事に興味を持ち、山野草花壇を作って楽しんでいました。
 しかし、今年の猛暑で葉が焼けて無残な状態になってしまったのです。
・・・既存の花壇を日影の場所を選んで土を入替えて山野草花壇したのでは猛暑に耐えられませんでした。 山野草を甘く見ていた?。


シラネアオイの実とレンゲショウマの葉


茎だけ残ったクマガイソウ

無残な山野草花壇
★花が終った後も青々とした葉を楽しみたい。
 しかし、花が咲く前から葉が焼け始めたレンゲショウマ、実が付いたものの大きな葉が焼けて縮まったシラネアオイ、大きな葉が茶色い筋だけになったクマガイソウ、等々ほとんどの山野草の葉が焼けて無残な姿です。
・・・山野草育てる環境は土だけでなく森の中と同じ状態が必要なのです。
 でも、気温だけは無理か?。

山野草花壇新設のきっかけは
★草花衝動買いが持病のユーミンが買ってきた
シュウカイドウ(秋海棠)を植える場所が無くて石庭裏の空き地に植えたら増えだしました。
・・・猛暑の中でも元気に育って花が咲き、株も増えているのを見て山野草に適しているのを確信、日が余り当たらないこのエリアを山野草花壇にすることにしました。

★育てるだけでなく、毎朝、山野草観賞して楽しめる花壇にしたい。 
 作るなら徹底してと思い、通路の邪魔になる庭木の枝を落とす、石庭下草として植えたリュウノヒゲは抜き取る、トガの木の下のキノコのホダ木は移す。 などして遊歩道から作り始めました。
・・・育てた庭木の枝を切るのは勇気が要りましたが年内完成目指して決行です。
 出来たらブログに掲載します。 


★猛暑のダメージの他に虫に葉を食べられて消滅する草花もあります。
 ユーミンは平気で手で摘んで殺すのですがどうも虫が苦手です。
・・・キンチョールのお世話になっています。(笑)

★コモロスミレの葉を食べていた毒のありそうな毛虫。 下にはその糞が落ちています。
・・・今年から少しずつ、花摘みをしたり、支柱を立てて仕立てたりの園芸作業しています。
 意外と大変、簡単に一日が過ぎていきます。
  そして、庭木の手入れがおろそかに。(汗)


ギボウシの花にとまっていたバッタ

★花に群がる蝶や蜂は良く見るのですがギボウシの花にとまっていたバッタを見つけました。
・・・毛虫と違ってこちらはかわいい。

 


★一日が早い!。 やりたいことが半分も出来ない!。
 すぐ、冬が来そうな気のあせりを感じます。
・・・やることが沢山あるのでなく、動作がとろくて遅いのです。(休憩が多い?、老化現象?)
 スローライフと決めた今年のモットー、これで良いのです。 来年もあります。