2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月15日(水) フウセンカズラ観察、ハートマークの種 庭花だより


★午前中は、曇天、午後は予報通り雨天、昼間の気温18度!、寒い一日でした。
・・・朝から長袖着用、上着付けて調度よし、午後は庭仕事できないので買い物とTVで相撲観戦でした。

★白鵬51連勝!、千代の富士の53連勝まであと二つ。
 充実の白鵬、肌の色艶も違いますね。 大相撲はここだけが面白い。
・・・もう一つ、野球賭博で十両に陥落した我が郷土力士の隠岐の海は4連勝!、心入替えて快進撃?、幕内力士だったので勝って当たり前?、男なら這い上がれ隠岐の海!。
 十両全勝優勝で汚名挽回です。


【リナリア・ビパルティータ (姫金魚草)】
★午前中の庭仕事で石庭周りの草取りをしていたら見たことの無い花を発見です。
 うっかり、抜くところでしたが可憐な花が付いていたので手が止まりました。
・・・今頃咲く花も珍しいですが色合い、花の形が面白いので名のある花のはず。
 雑草でもないのに何故生えてきたか不思議です。(種が混じって?)

★調べてみたら花の名は、リナリア・ビパルティータ (姫金魚草)でした。
 初夏に直立した枝に沢山の花を付けて咲くようですが時期外れに少しだけ花を付けて出現です。
・・・1年草らしい。種採取ですね。


【フウセンカズラ】(風船蔓)
★雑草ではありませんが増えてどこにでも生えてくる草花の中に「フウセンガズラ」があります。
・・・数ケ所邪魔にならないものを残して草取りの対象、抜き取りました。。

★最初は朝顔の様に行灯仕立てて楽しんでいたのですがその後東側のフェンスに絡ませていたものが種が散って、今ではあちこちに出てくるようになったのです。
・・・花ではなく、緑のフウセンの姿を楽しむ植物です。
 そのフウセンの中を観察してみました。


フウセンと花:こんなに大きさが違う

★蔓性で5ミリ程度のとても小さな白い花を咲かせます。
・・・蔓の先に花と実が同居、実が目立って花を見落とします。

★ホオズキのような丸い実が風船のようなのでフウセンカズラと呼ぶようです。
・・・着生してから大きく膨らんで風船のようにパンパンです。(空気が漏れない!)

★小さな花がこんな大きな実になるのが不思議です。
・・・最初は小さな袋、どんどん膨らみます。


蔓性でとても小さな白い花を咲かせます

★風船をはさみで切って、中を観察してみました。
 中はホオズキのような丸い実ではなく、3つ分かれた部屋に一つずつ黒い種が入っていました。
 種にはハート型の着生していた跡が残っています。
・・・ハートマークの種!。 これだけでもロマンチックです。
 キャッチコピー考えれば人気になるかも。


★花の写真撮って楽しんでいたのが段々植物観察するようになり、還暦過ぎて古希までには植物学者になるかも。(笑)
・・・でも、今から花の名前、構造名称覚えるのは大変です。
 それよりも、男は美しいものを追いかけるのが似合っています。