2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月14日(火) 民主党代表戦、予感当たらず つぶやき


★あの猛暑はどこへ行った?、秋雨前線の北側に入り乾いた空気をもつ大陸からの高気圧に覆われて一気に秋の気配です。
・・・平年より気温は高いそうですが過し易い!、ラジオを聞きながら庭仕事専念です。


★菅首相と小沢前幹事長が真正面から激突した民主党代表選は、大差で菅首相の勝利に終わりました。
・・・予感が外れました。 しかも、逆方向にぶれて230ポイントもの大差、小沢前幹事長有利の予想の国会議員票も6票上回って菅首相の勝利です。

★国会議員票は両氏にほぼ二分されたものの「小早川秀秋」が居なくて、「関が原の戦い」にならずでした。
・・・大差がついた要因は、党員・サポーター票の動向、首相の早期交代や小沢一郎前幹事長の政治とカネ問題に嫌悪感を示した民意の力が「小早川秀秋」出現を阻止した?。

★普通の人から見るとダーティーイメージで不人気の小沢前幹事長が他の議員の面倒見が良いだけで熱く支援する国会議員が多いのは不思議な現象でしょう。
・・・裏に何かが?、そこに永田町の神秘性から「関が原の戦い」の予感を感じたのですが残念ながら当たらずでした。

★選挙に強い小沢の神話は崩れ、検察審査会が起訴議決を出し強制起訴の可能性、どんな結果になろうとも、小沢前幹事長=徳川家康は続いている気がします。
・・・「鳴くまで待とうホトトギス」、二分した国会議員票から影響力が不気味なのです。

★こんな事で政局が落ち着くはずは無く、混乱が続き、まだこれから「冬の陣、夏の陣」があることでしょう。
・・・余り期待のできない政治力、こんな例えで揶揄して憂さ晴らしですね。


★文字ばかりでは寂しいので今晩咲いたヨルガオを載せます。
 大輪の純白の花なのですが夜中に咲くので誰にも見てもらえない寂しい花です。
・・・毎晩、4〜5輪咲いているようですが朝になって萎んだ姿を晒しています。


ヨルガオ:左が開き始め、右が開花済み 同時に咲くのではなく1Hr程度の差があります

★「つぶやき」はこれまでにして、又、明日から「庭花だより」書き綴ります。