2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月13日(月) 民主党代表戦の行方を思う つぶやき


平年より気温は高いそうですが猛暑が去って過し易い一日、庭仕事もはかどりました。
・・・庭仕事でやりたいことは沢山、しばらく、楽しみながら過せそうです。


★明日、2時から民主党代表戦ですね。
 軽井沢の鳩山別荘からスタートして1ヶ月間TVをにぎわしてくれましたね。
 メディアの世論調査は菅首相がやや有利ですがそうならないような予感がするのです。
・・・正直どちらが勝つのか予断は許さない状況ですが前夜に「予感」の屁理屈を久しぶりに「つぶやき」で書き綴ります。

★小沢前幹事長が勝つ?、なぜならば、民主党代表戦は「関が原の戦い」にそっくりな気がするからです。
 もちろん、菅首相が石田三成で、小沢前幹事長が徳川家康です。
 西軍有利の戦いながら官僚畑の三成が負け、野心家武将の家康が勝つ、そっくりなのです。
・・・明日になれば、小沢前幹事長勝利の号外がでるかも。

★秀吉の死後、徳川家康が勝手に婚姻や知行の斡旋など権力構築を行っていたのは非難されるべきものから「義」を大事にした上杉や幸村も加わって西軍有利の状況が出来ていたのです。
・・・今回も、ダーティーイメージで不人気の小沢前幹事長が世論では不利な状況です。

★しかし、戦いの経験は無い官僚畑の人望の無い三成が、家康が悪い、豊臣の為だけで集めた西軍が有利な体制だった。
 今回の「カネで問題のある小沢さんよりマシ」「首相が変わり過ぎるのは良くない」という消極的な理由で菅首相を世論が支持しているに過ぎなくて有利なところが似ているのです。
・・・実力で成し得た首相ではない。 参院選負け、党内では力が無いのです。
 政策に無関係な「政治とカネ」だけの「義」で戦おうとしているからです。

★反面、実力で政権交代を築き、面倒見の良さで勢力をまとめ上げた小沢前幹事長は徳川家康に似ているのです。
・・・力があってやる気のあるものが最後には勝つ、弱肉強食の世界が真の世界、それが自然の原理、だから、小沢前幹事長が勝つ。 そんな気がしてならないのです。
 そして、歴史は繰り返す、だから民主党代表戦は「関が原の戦い」なのです。

★以上、民主党代表戦の勝敗予感の話であって、どちらが首相になっても政策論議を聞いている限りでは良くなる政治を期待するものではありません。
・・・
「小沢勝利」となると、 「政治とカネ」のうやむやが認められてしまうという不快感がありますが。

★問題解決の特効薬が見つからず、景気が良くなるか否かは別問題、政治の力で今すぐ景気が良くなるとは思えません。
 景気は経済人の責任なのです。 社会的責任を果たせない企業家がダメなのです。
・・・政治家が経済を動かすのでなく、企業家が政治を動かして経済を良くするのです。

★写真無しで久しぶりに書きたい放題書きました。
 明日の民主党代表戦どうなるでしょうか。 気が向いたら結果論も書いて見たいです。