2010年
9月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

9月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
9月 9日(木) ヒマワリの花観察 庭花だより


★台風一過、午後になって晴れ間が出て又猛暑です。
 大雨を期待して芝生に肥料を沢山撒いたのですが雨量少なく肥料が顆粒のまま残ってしまって、真っ白です。(大失敗1)
・・・芝生が肥料焼けするので朝から水道水をスプレー状態にして肥料溶かし込み作業です。
 雨が降ったあとなのに芝生に水を撒く姿は外から見たら滑稽なことでしょう。(笑)


台風が来て、これから秋到来ですが我家のウッドデッキの周辺はヒマワリと西洋朝顔で真夏モードです。
・・・今回は趣向を変えて、夏休みの宿題モードでヒマワリの花観察をしてみました。

★ヘブンリーブルー(西洋朝顔)が全盛です。
 例年に無く、花が多いので日除け効果抜群、木漏れ日の下で過せます。


遅まきのヒマワリが全部咲きました


咲き始めのヒマワリ:外側の花びらが舌状花、その内側に菅状花、中心は菅状花の蕾です
菅状花の蕾の幾何学的模様が素敵です

★ヒマワリの花の付き方は花軸が円盤状に広がり、その上に多数の小さな花を密につけます。(キク科植物に見られれます)
 ヒマワリの花は複数の舌状花と管状花(筒状花)で構成されており、外側から内側へと開花していきます。。
 まず一番外側にある舌状花が咲き開き、そして管状花が外側から段階的に内側へと咲いていくのです。 


管状花が外側から段階的に内側へと咲いて、開花した管状花の内側では、蕾が成長していく

★管状花が咲くと、中から雄しべが現れる。雄しべは筒状で数本からなり、中に雌しべを包みこんでいる。雄しべの先端にある葯には花粉が入っており、花粉でいっぱいになると葯が裂け花粉が出る。


管状花が全部咲いてこんな形に あとは受粉して種になります

★ヒマワリの花観察如何でしたか。 
 同じ時間帯に撮影したので個々に花は違います。あしからず。
 ヒマワリ畑の美しさもよいのですが生命の元は雄しべと雌しべなので小さくとも一つ一つは綺麗ですね。
・・・大きく派手な舌状花にだまされず管状花が美しいので虫たちが集まって来るのです。
 人間も見かけの姿にだまされずに小さくとも実になるものに傾注して欲しいものですね。(笑)