<<< 戻る

くろたろうアルバム

つれづれ日記とっぷ

進む >>>

2010年
8月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

8月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
8月30日(月) 和田峠「接待湧水」を汲みに行く 日々いろいろ


今朝の我家から見た浅間山 8時撮影

★朝、こんなに綺麗に月が撮れました。
・・・強い日差しを受けながらこんな写真が取れるのも面白い。
8:12撮影

★秋の空?、猛暑がどこかに行った様な頭上には雲一つ無い気持ちの良い天気です。
 西の空にお月さんがぽっかり浮かんでいました。
・・・青い空にお月さんがはっきりと見えるほど空気が澄んでいたのです。
 日差しは強く、まだ、残暑?。 今までの猛暑から比べると急に秋を感じます。

★こんな日は、何時ものパターンで野山に遊びに行きたくなりますが我慢して予定通り和田峠の湧き水「黒曜水」を汲みに行ってきました。
・・・貯えた水も終わり、今日しかない。 前々から決めてた日です。 残念。

★前回が7月21日の霧ヶ峰散策の後に汲んできて1ヶ月と10日です。
 2ヶ月間は大丈夫と思っていたのですがこの猛暑で消費も多かったのです。
 旧和田峠の途中にある「接待湧水」(本家「黒耀の水」)は、給水口が一つなので混んでいると相当待つようになるのですが今回も前の人が終ったところでグッドタイミングでした。

★「接待湧水」
 接待茶屋と呼ばれる永代人馬施行所の道路の反対側に誘引して設置されています。
 源泉は接待茶屋側にあります。
 長和町が給水しやすいように施行。

★今回も、2Lペットボトル60本、20Lポリタンク4本、200リッターも汲んできました。


接待茶屋と呼ばれる永代人馬施行所

永代人馬施行所
 
江戸時代に冬季間だけ峠を越える旅人に粥と焚火、牛馬には年中桶一杯の煮麦を施した場所です。

 

ゴミ無し童地蔵
 
昨年まであった接待址「旧愁の茶屋」は撤去され駐車場の空き地にゴミ無し童地蔵が安置されていました。
 額に黒曜石を埋め込んだ木彫りの童地蔵さんです。
・・・童地蔵さんの御利益、周りにゴミは落ちていなかった。

★過去の和田峠の湧き水「黒曜水」ブログ記事
 霧ヶ峰散策/山野草観察(2)(2010/7/21)
 和田峠「接待湧水」を汲みに行く(2009/12/15)
 和田峠の湧き水「黒曜の水」(2009/3/31)