<<< 戻る

くろたろうアルバム

つれづれ日記とっぷ

進む >>>

2010年
8月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

8月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
8月24日(火) 脱新幹線!路線バス碓氷線体験 日々いろいろ


★高崎で4時からの集まりに参加するため小諸から高崎まで新幹線を使わないで行ってきました。
・・・日々いろいろ、スローライフの理念で普段と違う行動パターン体験も面白い、そのレポートです。

★私の住んでいる小諸からは高崎に行く交通手段は新幹線行くのが常識で新幹線使わないで行こうとする発想は13年間起きなかったのです。
・・・佐久平駅から高崎まで新幹線で30分、平原から高崎まで新幹線使わないと1時間43分、佐久平までのアクセス時間引いても1時間のロスは大きく、乗り換え2回の面倒さから考えられなかったのです。 そして、本数も。

★窮々自適生活に入ると費用面から「脱新幹線」の発想が生まれ、自家用車、高速バスの旅が増えてきました。
・・・そして、今回は、「路線バス碓氷線」の挑戦です。
 費用は、片道、新幹線が3,650円、路線バス碓氷線活用が1,390円でした。


平原駅

★平原駅:自宅から1Km,最寄の駅です。
 客車を改造した無人駅です。
 黄色い発券機のボタンを押して乗車証明券を取ります。(駅名と日時が印字されます)
・・・これを忘れると無人駅が多いのでどこで乗ったか証明できなくなる。 料金はどうなるだろう?。

★13:45、平原駅出発です。


踏み切りの警報が鳴って、しなの鉄道の電車が入ってきました


しなの鉄道の車内

★平原駅からは私だけでしたが意外と乗客は多かった。
 軽井沢まで御代田・信濃追分・中軽井沢の3駅停車するが次々乗り込んできて席の半分以上埋まってくるほど。
・・・厳しい経営状態の第三セクターのしなの鉄道ですがこれを見て少し安心。


車窓から見る浅間山:新幹線と少し違う懐かしい風景です


軽井沢駅には昔の牽引車が展示(懐かしい)


終点、軽井沢駅到着、沢山乗っていました


軽井沢〜横川のJRバス

★しなの鉄道19分乗って軽井沢駅到着14:04、JRバス停へ移動、7分後の14:11発の横川行きのJRバスに乗ります。
・・・移動時間あるので実質待ち時間3分、つなぎが良い。


JRバスの中

★以外!、バスは満車状態!、補助椅子使わない程度でした。
 乗客はほとんどが中高年者、時間に余裕のある私と同じ境遇?。

★信越線の代わりで出来たので路線バスは旧道を走るものと勘違い、実際はバイパスを降りていきました。


予定より5分早く14:40に横川到着


横川駅:信越本線の終点です

★横川駅では待ち時間12分、高崎からの電車が入ってきて折り返しで14:57出発です。
・・・ホームにはバスの乗客がそっくり乗ったのでホームに人は多かった。


懐かしい車窓景観!、安中精錬所です

★高崎〜横川の名称は今でも「信越本線」です。
 この後は途切れて篠ノ井駅から直江津駅を経由して新潟まであるのですが群馬県に「信越本線」があるのが面白い。
・・・新幹線出来るまでは東京〜小諸を数百回乗った「信越本線」であり、安中精錬所を見ると信州に近づく感じ、横川駅は信州のエリアだと思っていたので懐かしく、まだ「信越本線あり」と思いました。(乗ってよかった)

★乗車時間31分で15:28に高崎駅到着でした。


高崎駅に到着


降りた途端、熱気すごい高崎駅ホームです

★世の中の進歩のバロメーターはスピード。
 スピードの為にお金をかけ、金さえ出せば時間を稼げ、お金を生む仕組みが一番の利便性、社会発展の源だという理論で最近まで行動していました。
・・・反面、 弱者の倫理が受け入れられないこの理論に最近疑問を感じ、スローライフの理念に傾きつつあるこの頃、有意義な「脱新幹線、路線バス碓氷線体験記」でした。