<<< 戻る

くろたろうアルバム

つれづれ日記とっぷ

進む >>>

2010年
8月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

8月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
8月 5日(木) 栂池自然園へ 目指せ白馬大雪渓 日々いろいろ


★高峰・池の平湿原の次は調子付いて栂池自然園で山野草観察に行ってきました。
 天気予報快晴!、山野草観察は池の平湿原で充分満足、今回の本当の狙いは「白馬大雪渓」です。
・・・8年前の8月3日に訪れた時は曇天で展望湿原からの大雪渓は見れなかったのでリベンジ、全国的快晴の天気予報を見て決めました。

【ビジターセンターへ】
★6時20分自宅出発、高速で長野ICまで、オリンピック道路使って、8時5分に分栂池ゴンドラ駅の駐車場到着、ゴンドラリフトとロープウェイ乗り継いで9時5分にビジターセンターに到着です。(高速650円、有料トンネル200円、駐車料300円、リフト他3300円/人でした)
・・・飛ばさなかったが順調に進んで栂池までは所要時間1時間45分でした。


高速道路から見る北アルプス
ピーカンの天気!、期待!、大雪渓


ゴンドラリフトからの山は見えず
不安、雲の上のピーカンを期待


標高1860mのビジターセンターからの雲海


前方の白馬連山見ながらビジターセンターへ


ビジターセンターから見た白馬岳(2932m) 左端が白馬大雪渓 雲が上がってきている

【急げ展望湿原へ】
★下から雲が上がってきているものの遠くに白馬大雪渓が見えたので花観察は後回しにして大雪渓の見える展望湿原へ急ぎ足で行くことにしました。

・・・ビジターセンター到着時に遠くに見えていた白馬大雪渓も栂池自然公園の看板の前で写真を撮った時は雲で見えなかった。(上の写真が稜線が見えた貴重な写真となった)

★9時10分ビジターセンター出発、9時25分風穴、10時7分モウセン池、10時20分展望湿原到着、ノロノロの団体さん抜いて休まず歩きました。
・・・休憩抜きの標準タイムは100分ですが30分短縮の70分で行きました。老体に鞭打って頑張った。(笑) 遊歩道が木道化されて整備されていたので歩きやすく楽でした。

★モウセン池を過ぎてから急坂を登って開ける所に展望湿原のウッドデッキの展望台があります。
 白馬大雪渓が見えるのを願う気持ち一杯で登って開けた先は雲!。またしても見えず残念!、努力報われずでした。(涙)
・・・急坂登りながら 「大雪渓見える見えないは運(雲)次第、ウン(運)あれば見える、ウン(雲)あれば見えない、どちらのウンだろうかな」。 シャレを思いつき、唱えながら登ったのですが。 ウンがなかった。


到着したときの展望湿原 正面に白馬大雪渓があるはずだが

★ウッドデッキの展望台に座り込み、早い弁当食べながら雲の晴れるのを待ちました。
 待つことなんと根性の40分!、下から昇って来る雲の隙間から白馬大雪渓がやっと見えました。
・・・大雪渓は見えるものの上の稜線までは見えませんでしたが初めての対面です。(喜)


雲の隙間から白馬大雪渓 チョットだけ


雲の隙間から見えた白馬大雪渓ヅームアップ:点々と登山者の登っているのも見えました


ウッドデッキの展望台:一番前に陣取って待っていたが

★更に待つこと20分!、大雪渓の稜線まで見えずでついに断念です。
・・・ここに1時間滞在、展望湿原を後にして尾根伝いに帰路に付きました。

★帰路、尾根伝いから見えた大雪渓。
 下の方は雲がなく、良く見えました。
・・・今度は、雲でなく、木立が邪魔で全体は撮れませんでした。(汗)

 

★展望湿原11時20分に出発して11時55分浮島湿原到着、あとはのんびり木道を歩きながら山野草観察です。
 ビジターセンター到着13時ジャスト、そのままロープウェイとゴンドラリフトを乗り継いで駐車場に14時到着、栂池自然園散策は終りました。
・・・標高2000mの高原散策でしたが暑かった!。 ペットボトル2本空きました。
 日本列島記録破りの猛暑日だったそうですがここも例外ではありませんでした。

★急ぎ足で登っても目に付く花々はしっかり観察してきました。
 次回は、栂池自然園山野草観察を掲載します。