<<< 戻る

くろたろうアルバム

つれづれ日記とっぷ

進む >>>

2010年
8月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

8月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
8月 4日(水) 高峰・池の平湿原散策(2) 日々いろいろ


★今日も猛暑!、風があり動かないと心地よい気温ですが動くと汗が噴出す始末、外では何も出来ません。
・・・庭仕事も溜まっています、草は伸び放題ですが家の中に避難、パソコンの前で昨日行った高峰・池の平の写真整理で過しています。


【池の平湿原散策】
★兎平(2061m)にある池の平駐車場に車を入れて見晴岳(2095m)目指して見晴歩道を上り、昼食弁当食べて、三方ヶ峰(2040m)でコマクサ見て池の平湿原、池の平三方歩道を通るコースで散策です。
・・・なんと、駐車場は八割程度埋まっていました。 平日なのに凄い人出です。
 駐車料金500円、相当の売り上げあったことでしょう。 友人のOさんも監視員で働いていますので嬉しい事です。

★一番高い雲上の丘広場(2110m)までの標高差50m程度なので軽いアップダウンのハイキングコースです。 誰でも歩けるコースのせいか 中高年の観光バス団体2組、高校生も100人ぐらいの団体にすれ違いました。
・・・いつも平日しか来ないのでこんなに沢山の人が訪れているのを見たのは初めてです。


雷の丘(2108m)付近から見た池の平湿原:雲が抜けた時のチョットだけの景観です


見晴歩道:整備された歩きやすい道です
今回はカジュアルシューズで歩きました


50人程度の団体に何度もすれ違う
足元おぼつかない老人も頑張っていました


花パンフと見比べながら花観察
初物に価値あり、奥に行けば花畑なのに
入口で滞ります。 何時もの現象です


老夫婦が花本と見比べて話し合っている姿
一番の夫婦の会話、初々しさを感じます

★池の平湿原は中高年の世界です。
 団体、数人のグループ、夫婦連れ形態は様々ですが山野草観察を楽しんでいました。
・・・溢れんばかりの種類と量、楽に歩けてこれだけの高山植物を見れるところは無いでしょう。
 中高年者向きです。


見晴岳(2095m)から見た東御市 雲が動いて時々視界が開けて登山気分も味わいました


★高峰高原と標高も変わらないので花種も同じですが群生しているので濃く感じました。
・・・約2時間の散策でこれだけの高山植物観察できるところは少ないと思います。


マルバダケフキの群生


カワラナデシコの群生


ミネウスユキソウ(エーデルワイス)の群生


ワレモコウの群生


ヤナギランの群生


トモエシオガマの群生


コマクサの群生


ノアザミの群生


マツムシソウ


クガイソウ


一ヶ所に山野草のオンパレードです ノアザミ、ヤナギラン、マルバダケフキ、クガイソウ



帰路、湯の丸スキー場付近の道路脇でホタルフクロの群生発見です

★写真枚数多いのでページはここで打ち切りです。
 ドキュメントとして撮る、花を美しく撮る、観察として撮るなど花の撮り方を変えているのでどうしても写真の枚数が多くなってしまいます。

★次回は、花を美しく観察撮影のページ「花と昆虫」シリーズです。