<<< 戻る

くろたろうアルバム

つれづれ日記とっぷ

進む >>>

2010年
2月号

くろたろうつれづれ日記手作りブログ

 

2月TOP

日々いろいろ、花だより、つぶやき・・・ブログ風に思いつくまま書きつづります

 
2月 2日(火) 楽しく充実した志賀高原スキーツアー 日々いろいろ


ピーカンの志賀高原スキー場:寺小屋山頂からダイヤモンド、焼額山ゲレンデを望む(三日目)

★二泊三日の志賀高原スキーツアーから帰還です。
 三日間、好天に恵まれ、素晴らしいコンデションの中、かつてない最高のスキーツアーを友人3人と楽しんできました。
・・・以下、スキーツアーレポートです。 おのろけみたいでごめんなさい。

★20年前は子供の寒中休みに合わせて毎年ツアーを楽しんだ志賀高原スキー場も振り返れば8年ぶりです。
 同伴の3人は、志賀高原スキー場初めてだったので”くろたろう”がツアーガイド勤めました。
・・・還暦過ぎて健忘症気味ですが昔の事は意外と覚えているものですね。
 子供たちと滑った事を思い出しながらツアーガイドの役目を果たしました。

★志賀高原の真中に当たる一の瀬を起点に初日は、奥志賀、焼額山方面のツアー、二日目午前中が寺小屋、東館山、ブナ平、ジャイアントまでのツアー、午後が高天原、西館山、ジャイアントまでのツアー、三日目が一の瀬、寺小屋でのんびり滑降、志賀高原スキー場15エリアの内12エリア制覇の超ワイドな計画を立てました。
・・・事前計画から楽しむのは”くろたろう”の悪い癖です。

★天気予報は、二日目以降が曇りと雪でしたが二日目のお昼だけ濃霧に遭遇して日程の変更があったものの降雪は夜中だけで三日目はピーカンに恵まれて目標の12エリア完全制覇です。 しかも、新雪滑降体験のボーナス付きで120%達成だと自賛です。
・・・志賀高原スキーは、過去を振り返っても天候に恵まれた記憶しか残っていません。
 だから、志賀高原大好き人間です。


雲の上に浮かび上がった北アルプスの山々:一の瀬山頂から (二日目)

★ゲレンデは同じウェアを着た修学旅行の高校生で一杯!、昼休み高校生がいなくなるとゲレンデが無人に!、異様な風景を見ました。
 それにしても、スキー場の空いていること、8年ぶりの志賀高原ですが日曜日でもリフト、ゴンドラの乗車率50%以下です。
・・・昔の並んで乗った風景はどこへ行ったのでしょう。何か、悲しいものがあります。
 そして、経営が成り立っているのも不思議さ感じます。

★最近のゲレンデはこぶがありません。 毎日、真夜中に雪上車で綺麗に整地しているのをホテルから見ていました。
 楽に滑れるので転倒が少なくなってけが人が出ないようです。
 昔は必ず数人は見かけたレスキューの姿を三日間見ることがありませんでした。
・・・技術を追うスキーヤーには不満でしょうがレジャーとしては滑る人には喜ばしい事です。
 そして、体力衰えた老人にもありがたい。 おかげで三日間滑れたのです。


寺小屋山頂のスノーモンスター:雪男に見えませんか?

★三日目は午前中でスキーを終え、ゆっくり帰路へ。中野で信州蕎麦食べて松代温泉に入って帰る。最後の予定も順調でした。
 松代温泉は含有成分の種類も量も豊富な黄褐色の温泉です。
・・・不思議なものです。 クタクタになってもう動けないと思った身体が立ち直り疲れがどこかにいってしまいました。
 入浴後、杖を忘れるお年寄りの話が書いてありましたが納得です。

★旅は、同伴者一番、天気二番、目的地三番がくろたろうのモットーです。
 スキーは遊びなので楽しいのは当然、しかもこれだけのコンデションの中ですから尚更です。
 でも、一番楽しいのは、アフタースキーです。
 シニア仲間、体力限界で身体は動かないですが口だけは達者で動きます。
 笑いの絶えない最高のアフタースキーでした。