蓼科高原横谷峡氷爆トレッキング
2008年02月20日


蓼科高原へ向かうぎーナスラインから見た八ヶ岳連峰と南アルプス

横谷峡氷爆求めて

 今日は雲一つない快晴の朝!、気温も穏やかだ。
小諸から1時間半、蓼科高原横谷峡の氷爆を見に雪のトレッキングを楽しんできた。


 乙女の滝の入り口に車を停めて、雪道の横谷峡の渓流、氷爆を見ながら散策、2km先の王滝展望台まで写真を撮りながら登ってきました。行きは1時間、帰りは30分です。

・・・見どころ沢山です。横谷渓谷の自然が作り出す乙女滝氷瀑、霧降滝氷瀑、屏風岩氷瀑等の氷瀑群と凍りついた渓流の氷の芸術を楽しんできました。
 気温が高く、雪は大分融け始めていました。



豪快な乙女滝

乙女滝氷爆

 スタートは乙女滝入り口から入り、名に合わぬ乙女にしては豪快な氷爆を見る。
 写真ではわからないが色合いも純白でなく乙女らしくない?。(笑)

 乙女滝から霧降の滝まで渓流沿いに雪道を歩きながら見た凍り付く清流は水晶のように光って氷の芸術です。
 早朝に来ればもっと大きいだろうが昼過ぎなので融けだしていました。


霧降の滝と人工氷爆

 霧降の滝の前には橋があり正面から見ることが出来る。完全氷結すれば氷のカーテンが出来て素晴らしいだろう。

 ここまではホテルから歩いて5分、簡単に来れます。屏風岩の氷爆まで20分かかるので滝の横に人工の氷爆、氷のオブジェがあり見事です。


青光りして綺麗だ


霧降の滝


山の上にパイプで水を送り作り上げています
本物の氷柱もあると思うが大きいのは人工だ


凍り付く渓流

 渓流の水しぶきが凍り付いて氷の膜で流れを覆う様は神秘的で綺麗だ。これが冬の渓流風景だ。
 明け方の厳寒時はもっと大きい幕になっている事だろう。
 霧降の滝から鷲岩に行く道沿いの渓流の氷にカメラが向いてしまう。シャッタースピード遅らせて渓流撮影して遊ぶ。

 

 


鷲岩と渓流


屏風岩の氷爆

 横谷峡冬の名所、屏風岩の氷爆は迫力あります。
 特に右側の氷壁はすごい、物凄いボリュームです。アイスクライミングに最適だが最初どうやってロープをかけるのか?。
少し、傾斜があるので注意して登れば何とかなるか?。


渓流と氷柱、絵的で綺麗です


この氷壁は高さ、厚さ共にすごい。雪が無ければもっと良い


屏風岩の氷爆:パノラマ撮影


一枚岩

 この辺は大きな岩盤が多く、一般的な岩石の間を流れる渓流と違って面白い。
 一枚岩を過ぎるとあとはひたすら山道を登り王滝の展望台を目指す。


雪は深いが踏み固めた道を歩けば問題ない


 


王滝展望台

 王滝の展望台から王滝を見て引き返す。
 この先、おしどりの滝があるらしいがここまでで12時半、空腹を感じて下山する事にした。
 帰りは寄り道をしないで降りたら30分で車まで到着。

 

 

信州手打ちそば工房「遊楽庵」のもりそば

★横谷峡入り口に信州手打ちそば工房「遊楽庵」があり、本格自家製粉石臼手打ち十割そばを食べる。美味しい。
 ここは、そば工房と言うだけあってそば作りに関する見学コーナーもあって勉強になります。

 


 王滝:展望台から